現在のエンディングデータ 38,393 件から発信 Powered by 葬儀社アーバンフューネス

ENDING DATA BANK | 人生に安心を。世界最大級のエンディングデータサイト。

エンディングデータ・コラムを探す
主要なカテゴリ

  1. TOP
  2. エンディングデータ一覧
  3. 選ばれている棺

選ばれている棺

share:

故人の遺体を納める棺(柩・棺桶)には、素材や仕様により、様々な種類があります。桐、樅(もみ)、桧(ひのき)等の天然木を用いた伝統的な木棺をはじめ、色柄が印象的な布張棺がよく選ばれています。近年では、特殊強化段ボールで作られたエコ棺、キリスト教に相応しいキリスト棺も見られるようになりました。

実際の葬儀で選ばれている棺と、その割合をご紹介します。

「桐八分棺」以外は、布張り棺(雅、白光、エンバー半カプセルなど)が多く選ばれています。

棺:雅
■雅(白、紫、うぐいす、もくれんピンク、もくれんブルー、羽根柄)
色柄の種類が豊富な、布張りの棺です。故人のイメージに合あった色柄や、祭壇の花に合わせた選び方ができます。

棺:K-8(桐八分棺)
■桐八分棺(K-8)
桐を使った、オーソドックスな木製棺です。桐八分棺の「八分」とは木材の厚みで、各面が八分=約24mmの厚さで組み立てられています。

棺:白光(ベージュ)
■白光(ベージュ)
人気のベージュ(白)色の布張り棺。モダンで温かみを感じる棺です。

coffin_slct_emb_hfcap
■エンバー半カプセル(白、羽根柄、花園)
蓋の上半分を外し、故人と対面できる棺です。透明アクリル板で覆うことも可能です。

※各データは、葬儀社アーバンフューネスの施行葬儀から算出