現在のエンディングデータ 38,393 件から発信 Powered by 葬儀社アーバンフューネス

ENDING DATA BANK | 人生に安心を。世界最大級のエンディングデータサイト。

エンディングデータ・コラムを探す
主要なカテゴリ

  1. TOP
  2. エンディングコラム一覧
  3. 分骨~故人の遺骨を複数の場所に分けて納骨する方法

分骨~故人の遺骨を複数の場所に分けて納骨する方法

share:

墓地にて花を供えられた墓

分骨とは、一人の故人の遺骨を、二つ以上の墓に納骨する方法を指します。すでに埋葬してある遺骨から一部を分骨する場合と、火葬場での骨揚げ(火葬後の焼骨を箸で骨壺に納める事)の際に分骨する場合があります。

分骨の方法

遺骨は本骨と分骨に分けられ、本骨は通常の骨壺、分骨は分骨用の小さい骨壷に入れます。埋葬してある遺骨を分骨するには、墓地のある市区町村の役所から改葬許可書をもらうなどの手続きが必要です。法律上、勝手に分骨する事は出来ません。なお、遺骨の一部を散骨・手元供養する場合も、分骨と呼ぶことがありますが、この場合は手続きは必要ありません。

実際に分骨する際の手順は、埋葬前と埋葬済で異なります。

埋葬前に火葬場で分骨する方法

あらかじめ、葬儀社や火葬場管理者に分骨する旨を伝える必要があります。

  1. 分骨する分の骨壺を手配する
  2. 分骨する分の枚数の火葬証明書(分骨証明書)を発行してもらう
  3. 火葬場にて、各骨壺へと分骨してもらう
  4. それぞれの墓等に納骨する

埋葬済の遺骨から分骨する方法

  1. 墓地のある市区町村の役所から、改葬許可書をもらう (※)
  2. 石材店に依頼し、墓石から遺骨を取り出す
  3. 分骨先の市区町村の役所にて、改葬許可書を提出する
  4. 石材店に依頼し、墓石に納骨する

※…墓地にて分骨証明書が発行され、役所での手続きは不要な事もあります。詳しくはすでに納骨されている所と分骨先、それぞれの市区町村の役所にご確認ください。

分骨が行われる理由

分骨は、墓参りの都合や、故人への想いなどから行われる事があります。主に、以下のような理由が挙げられます。

  • 先祖から継承した墓が遠方で墓参りに不便な為、近場にも別の墓を作りたい
  • 故人の遺骨を、故人の兄弟や実家などそれぞれの墓に納骨したい
  • 遺骨の一部を宗派の本山に納めたい

分骨を行うことは、仏教的に問題ないとされています。釈迦如来や各宗派の師も、その遺骨はいくつかに分けて埋葬されています。しかし感情的に嫌う方もいますので、家族や親族への配慮が必要です。