現在のエンディングデータ 38,393 件から発信 Powered by 葬儀社アーバンフューネス

ENDING DATA BANK | 人生に安心を。世界最大級のエンディングデータサイト。

エンディングデータ・コラムを探す
主要なカテゴリ

  1. TOP
  2. エンディングコラム一覧
  3. 斎場以外での葬儀~自宅・公民館・ホテル

斎場以外での葬儀~自宅・公民館・ホテル

share:

自宅葬の祭壇

現在は多くの葬儀が、葬儀会館やセレモニーホールと呼ばれる斎場で行われています。かつては自宅で葬儀を行う事がほとんどでしたが、近年では大幅に減ってきました。理由としては、高齢化や核家族化により、自宅での葬儀は家族の負担が大きい事。斎場の増加・充実により、世間的に斎場での葬儀に移行している事があげられます。

とはいえ、まだまだ斎場以外でも葬儀は行われています。ここでは、斎場以外で行われる主な葬儀を、メリット・デメリットと併せて紹介します。

自宅葬~自宅にて通夜、葬儀・告別式まで執り行う葬儀

自宅葬は、住み慣れた場所から見送ることのできる葬儀です。入院中に帰りたがっていた家から、送り出したい。思い入れのある家で、最後の時を家族団らんで過ごしたい。そのような想いをかなえられます。

自宅葬のメリット

・斎場使用料がかからない
斎場を使用しないため、使用料がかかりません。出棺することができれば、自宅でも葬儀が行えます。集まる人数が少ない場合に向いていて、エレベータのないマンションでも実施できます。自宅葬であっても、祭壇や必要品のレンタル、設置、片付けまで、葬儀社に依頼できます。

・自由度の高い葬儀ができる
故人が好きだった料理を作ったり、近所に出前を頼んだり、自由な葬儀を行えます。自宅の間取りや設備、場合によっては庭も生かすことができます。また、面会や利用の時間に制約のある安置施設と異なり、時間に左右されず遺体を安置できるため、最後の夜を故人に寄り添って過ごせます。

自宅葬のデメリット

・中~大規模には適さない
自宅の広さにもよりますが、会葬者の多い大規模な葬儀には適しません。

・近所の方への配慮
葬儀スタッフや会葬者の出入りがあるので、訃報を知ったご近所の方が弔問に来る事があります。家族葬など近しい方だけで葬儀を執り行う場合、事前に近所の方へ会葬を辞退いただく旨の連絡が必要です。

・葬儀社による下見が必要
家の間取りによって、祭壇の飾り方や、食事の場所、受付の場所などが異なります。個々の家により備品の必要が出ると、費用も変わります。葬儀社による下見が必要ですので、事前相談が望まれます。

・作業の負担が大きい
葬儀社を介さない場合はもちろん、利用する場合でも作業負担が大きくなります。自宅を会場にするため、少なからず家族による準備と片付けが発生します。

集会所葬~近くの地域集会所を利用した葬儀

集会所葬は、自宅の近くにある地域の集会所や、マンションの集会所を利用した葬儀です。長年住み慣れた土地で親しい近所の方に見送って欲しい場合、近隣から高齢の方が多数来る場合に、選ばれる事の多い葬儀です。

集会所葬のメリット

・安価な使用料
一般的な式場に比べ、使用料が安価な事が大きな特徴です。地域の集会所、マンションの集会所共に、会場の費用は大幅に抑えられます。

・場所が近い
自宅から近いため、近隣の方が多く会葬される場合は、会葬者にとっても利便性の高い会場だと言えます。

集会所葬のデメリット

・葬儀に使えない事がある
集会所によっては葬儀に使用できない場合や、利用時間に制限がある場合があります。事前の確認が必要です。

・施設が葬儀向きでない事がある
集会所は葬儀用に作られたものではないため、受付や会計、待合所や食事場所などのスペースが限られます。また、天候や気温の影響を受けやすいケースもあります。

・専門施設より外装費、内装費がかかる
葬儀式場として作られていないため、外装・内装の費用がかかります。

・家族葬の利用が難しい事も
集会所での葬儀は、町会が関わることが多くあります。故人と地域の繋がりが強い場合、個人の葬儀でも、町内会長などが葬儀委員長を務める場合があります。町会は一般葬を想定しているケースが多く、近しい方だけで執り行う家族葬は歓迎されない事があります。

ホテル葬~ホテルで行う告別式

ホテル葬は、親族のみの家族葬(密葬)・火葬の後に、友人・知人を対象に行われます。遺体の安置はホテル側で受け入れが難しいため、遺骨による「骨葬(こつそう)」や、遺影によるパーティー形式になる事が多く見られます。

一般的な葬儀・告別式との違い

ホテル葬に決まりはなく、自由なスタイルでお別れができます。読経や焼香を行わない無宗教スタイルが多く、献花、弔辞(お別れの言葉)、思い出の映像、楽器演奏やBGMで故人を偲び、ビュッフェスタイルの食事などが行われています。「お別れ会」「送る会」「偲ぶ会」とも呼称されます。

ホテル葬のメリット

・きれいな会場が使える
結婚披露宴などにも使われる、ホテルの明るくきれいな会場などが使えます。また、収容人数もある程度対応可能です。

・好みで選べる食事スタイル
和食、洋食、中華など食事の内容から、着席でのコース料理か、立食でのビュッフェ(バイキング)形式かなどのスタイルが選べます。ホテルの料理ですので、クオリティにも期待できます。

・会葬者に便利
アクセスが良く、駐車場も充実しています。バリアフリーで車いすの方にも対応している事が多いのも特長です。会葬者が多い場合、斎場では受付まで屋外で待つこともありますが、ホテルであればすべて屋内で対応が可能でしょう。会葬者にとって快適な会場だと言えます。

・宿泊が可能
当然ながら、宿泊施設があります。遠方から来る方は、そのまま同じホテルに宿泊する事が可能です。

ホテル葬のデメリット

・斎場よりも高価になる
葬儀専門の斎場で行う告別式よりも、費用は少し高くなる傾向があります。

・焼香はできない事が多い
焼香は匂いが部屋に付くため、受け入れられないケースが多く、代わりに献花が行われます。

・遺骨が持ち込めない事がある
結婚披露宴など、めでたい席の会場となる事の多いホテルでは、遺体はもちろん、遺骨の持ち込みも受け入れられない場合があります。

・ホテルによっては行えない
ホテルによっては、ホテル葬(告別式)自体が受け入れられない場合もあります。実施可能かどうか、事前にホテルへの確認が必要です。